有機農業・有機農産物が知れる消費者サイト

見て、知ること

参加して、学ぶこと

買って、食すこと

有機農業について

有機農業は、生物の多様性、生物的循環及び土壌の生物活性等、農業生態系の健全性を促進し強化する全体的な生産管理システムであるとされ、国際食品規格委員会であるCodex(コーデックス)委員会が作成した「ガイドライン ※注1」にその生産原則が規定されています。 簡単に言えば、化学的に合成された肥料や農薬を基本的に使用しない農法で、遺伝子組み換え技術を利用したり、放射線照射を行うこともできません。 つまり、有機農業イコール有機肥料を使用する農業ではないということです。有機農業はそもそも肥料を使用することを推奨している訳ではなく、あくまでも農業生産に由来する環境への負荷をできるだけ低減した栽培方法ということになります。 因みに、Codex(コーデックス)委員会とは、消費者の健康の保護、食品の公正な貿易の確保等を目的として、1963年にFAO(国連食糧農業機関)及びWHO(世界保健機関)により設置された国際的な政府間機関であります。国際食品規格の策定等を行っており、日本は1966年に加盟しています。
また、我が国では、平成18年度に策定された「有機農業推進法 ※注2」において、有機農業を「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業をいう。」と定義されています。
※注1 有機的に生産される食品の生産、加工、表示及び販売に係るガイドライン(CAC/GL32-1999)
※注2 有機農業の推進に関する法律(平成18年法律第112号)

有機農業について

MOVIES


有機JASマーク普及動画

当サイトでは有機農業・有機農産物の普及促進を目指し
よりわかりやすくご紹介するため動画配信を行っております。

「ようこそ有機JASへ」

みなさんに有機JAS動画を知っていただく説明です。

「3分でわかる有機JAS」

ちょっと難しいかも知れませんが、オーガニックと有機は同じ。有機JASは法律であることをできるだけ簡単に説明しました。

「有機農家からのメッセージ」

どうして有機JASの農産物を作るのか生産者からの声を集めました。

「有機農産物売場POP」

オーガニック=有機JASと、マーク知っていただくことからのPOP動画です。小売専門店様、オーガニック商材コーナーをお持ちの量販店様に無料で利用いただけます。

btoc.comとは

Business to Consumer の略で事業者(Business)が一般消費者(Consumer)を対象に行うビジネス形態のことです。有機農業に関わる生産者、有機農産物・加工品を作られる生産者、加工業者。その商品を流通させ販売する小売業、通販業。これからの分野としてレストランなどの飲食分野での有機農産物・加工品を使ったメニュー提供する側を(Business)対象とし、一般消費者(Consumer)に、消費者側に立ちより良く分かり易く伝えるために始めました。 本サイトは2020年3月迄、有機農産物安定供給体制構築事業(有機農業等に対する消費者・実需者等理解増進活動支援事業)によって運営されます。

bto.comとは

有機JASとは

農林水産省ホームページの有機食品の検査認証制度のページには「有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。」と記載されており、「有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。」と書かれております。 この文章を紐解くと、有機JASマークには大きく分けて有機農産物、有機加工食品、有機飼料、有機畜産物の4つがあり、その中でも有機農産物と、有機加工食品の中の有機農産物加工食品には有機JASマーク無しに「有機〇〇」「オーガニック〇〇」と表示してはいけないということです。
農林水産省 有機農業リンク先 http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

有機JASについて

VISITS


有機農産物生産者訪問