有機農業・有機農産物が知れる消費者サイト

見て、知ること

参加して、学ぶこと

買って、食すこと

Q&A


消費者なら知っておこうオーガニック〇×クイズ

このクイズは8月25日表参道クレヨンハウスで開催された消費者シンポジウム(イベント)にてタイムイベントとして実施したものです。 問題作成者はこのイベントでも消費者のみなさんの質問に答えていた、マスターオーガニックコーディネーターの資格を持つ中村 泉さん 言葉尻の引っかけ問題もありますが、この30問を知るとオーガニックのことが良くわかることでしょう。

[答え] ×

[解説] 化学肥料・化学農薬・遺伝子組み換え技術を基本的に使用せずに、環境への負荷を出来る限り低減した農法

[答え] ×

[解説] 農産物に急迫した又は重大な危険がある場合、別表2に掲げている比較的安全性の高い農薬を使用する場合がある

[答え] 〇

[解説] 英語のORGANICは「生命体の」「生体組織の」という意味から「有機の」「有機的な」という意味に広がったと考えられている

[答え] ×

[解説] 有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されている

[答え] ×

[解説] 「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されている

[答え] ×

[解説] 「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されている

[答え] ×

[解説] 「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されている

[答え] 〇

[解説] 「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されている。畜産物なのでOK!

[答え] ×

[解説] 平成15年5月改正前に使われてきた「無農薬」 の表示は、生産者にとっては、「当該農産物の生産過程等において農薬を使用しない栽培方法により生産された農産物」を指す表示でしたが、この表示から消費者が受け取るイメージは「土壌に残留した農薬や周辺ほ場から飛散した農薬を含め、一切の残留農薬を含まない農産物」と受け取られており、優良誤認を招いておりました(無化学肥料も 同様です)。 さらに、「無農薬」の表示は、原則として収穫前3年間以上農薬や化学合成肥料を使用せず、第三者認証・表示規制もあるなど国際基準に準拠した厳しい基準をクリアした 「有機」の表示よりも優良であると誤認している消費者が6割以上存在する(「食品表 示に関するアンケート調査」平成14年総務省)など、消費者の正しい理解が得られに くい表示でした。 「特別栽培農産物に係る表示ガイドラインQ&A」より

[答え] ×

[解説] 「減農薬」の表示は、 ・削減の比較の対象となる基準が不明確 ・削減割合が不明確 ・何が削減されたのか不明確(農薬の使用回数なのか残留量なのか)であり、消費者にとって曖昧で分かりにくい表示でした(減化学肥料も同様です。 )。 なお、農薬を使用していない農産物には「農薬:栽培期間中不使用」と、節減対象農 薬を使用していない農産物には「節減対象農薬:栽培期間中不使用」と表示し、節減対 象農薬を節減した農産物には「節減対象農薬:当地比○割減」又は「節減対象農薬:○ ○地域比○割減」と節減割合を表示しなければなりません。 「特別栽培農産物に係る表示ガイドラインQ&A」より

[答え] 〇

[答え] ×

[答え] ×

[答え] ×

[答え] ×

[解説] 有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを農林水産大臣が認定した登録認定機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます

[答え] ×

[解説] アイガモ農法でも農薬を使用することもあり、ただアイガモ農法というだけでは有機農法かどうか分からない

[答え] 〇

[解説] 新聞、雑誌、チラシ、パンフレット、看板、インターネットなどでは表示規制の対象とならない。

[答え] ×

[解説] 塩と水(&加工助剤)を除いた原材料の全重量の内、95%以上を有機JASの取得した原材料で作らなければならない。遺伝子組み換え技術や放射線照射したものも使用不可

[答え] ×

[解説] 食品添加物の使用には厳しい基準があり、許されている食品添加物があるからと言って、むやみやたらに使用することは出来ません。あくまでも使用する場合は必要最小限。また、無添加食品には国としての定義が無いので購入の際は注意が必要。

[答え] ×

[解説] そもそも飲食店にそのような表示の規制が無い。2018年の年末に有機料理を提供する飲食店等の管理方法所謂オーガニックレストラン認証がJAS法で策定

[答え] 〇

[答え] ×

[答え] 〇

[答え] ×

[解説] 厚生労働省

[答え] ×

[解説] 経済産業省

[答え] ×

[解説] 厚生労働省

[答え] ×

[解説] 国税庁

[答え] ×

[解説] 厚生労働省

[答え] ×

[解説] 有機農業は、生物の多様性、生物的循環及び土壌の生物活性等、農業生態系の健全性を促進し強化する全体的な生産管理システムであり、国際的な委員会であるコーデックス委員会が作成したガイドラインにその生産原則が規定されています。

[答え] ×

[解説] 約0.5%